注目の記事 PICK UP!

お金持ちと貧乏人の考え2

こんにちは、ふうがです!!

5.「金持ち脳」は他人を仲間と考える。「貧乏脳」は他人を敵と考える。

金持ちになるひとは他人を受け入れ、良い部分を引き出そうとします。
結果、仲間が増え、協力やメリットをより多く享受できます。

貧乏になる人は排他的で非友好的です。自分と違うものを受け入れることができず、孤立してしまうことも少なくありません。

6.「金持ち脳」はやりがいのために働く。「貧乏脳」はお金のために働く。

金持ちになるひとは目先の利益よりも、自分がいかに輝けるか、いかに楽しんでやりがいを感じることができるかを重視します。

貧乏になるひとは、目先の生活のためや、一時的な利益を得るために働きます。
そのため少しでも嫌なことがあったり壁にぶつかると、すぐに諦めて逃げてしまいます。

7.「金持ち脳」はお金を尊いものだと教育する。「貧乏脳」はお金が卑しいものだと教育する。

成功者は自分の子どもに、お金がポジティブで尊いものだと教えます。

貧乏なひとは、自分の子どもにもお金はネガティブで汚いものだというイメージを(無意識に)植えつけてしまいます。

この流れは子どもにも受け継がれ、子々孫々に至るまで負のスパイラルが続いてしまいます。

「貧乏人」にあてはまる項目があった場合、そのままではいつまでたっても“お金のない状態”から抜け出すことができなくなってしまいます。

しかし冒頭でも書かせていただいた通り、日々の生活の中で考え方や言動を変えていくことができれば、少しずつ「金持ち」に近づけることが可能です。

これを読んでちょっとでも納得できる部分があったとすれば、それは大きな“気づき”であり、自分を変えることができる貴重な“第一歩”であるはずです。

ぜひ、今日この瞬間から学んだことを実践して、自分の未来をより良いものに変えていきましょう!

生活、思考変えたい方はこちら

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

bbbbb

関連記事

  1. アフィリエイトについて!!!

  2. 大富豪になるには!

  3. 成功者からのアドバイス

  4. 行動する人が稼げる?

  5. 稼ぐためのスキル 判断力

  6. 餌をもらうより餌の取り方を教わろう!!!

  7. 前回に続き日本人の凝り固まった考えについて!

  8. 風邪が治らない件について。

  9. 1.01と0.09。この差で変わる継続の意味

PAGE TOP