注目の記事 PICK UP!

NEMとは?

こんにちは!
ふうがです!!

日々仮想通貨のこと調べていると
経済の流れなども自ずとわかってくるので毎日情報をキャッチできて
今まで関心のなかった方面の勉強にもなりますね。

今回はイーサリアムに続いてネムについてです。

NEMはもともとNew Economy Movement(新しい経済運動)の略称でした。
現在はその略称ではなくNEMという固有名詞であるとされています。
金銭的な自由、分散化、平等、および連帯感の原則に基づき、
新しい経済圏の創出を目標としてはじまった仮想通貨(暗号通貨)のプロジェクトです。

通貨名はXEM

発行される仮想通貨の単位は「XEM(ゼム)」、総発行量は8,999,999,999XEMで、およそ1,600人(※)の投資家に均等に分けられたのが最初です。

よってビットコインでいうマイニング(採掘)というものがなく新規発行はありません。ネットワーク貢献者への報酬は後述するハーベスティング(収穫)という形で分配されています。

ブロック生成

ビットコインなどと比較するとブロック生成間隔が約1分というのはかなり早く、例えばNEM公式ウォレットであるNano walletから初めてXEMを送受信した場合、そのトランザクション承認のスピードに驚かされることでしょう。

マイニング??

NEMではビットコインなどでいうマイニング(採掘)は、ハーベスティング(収穫)と呼ばれている、
より多くの人が気軽に参加できるようになっています。

ウォレット内の残高だけでなく、トランザクション(入出金)の頻度などからPoIスコア(あなたの重要性)が計算されるので、財力のみに偏ってない点に好感が持てるかもしれません。

2018年期待の〇〇!!

2018年でNEMが大きく飛躍を遂げる理由として注目されているのが「カタパルト」です。

「カタパルト」とは簡単に言うと、今のNEM(ネム)の性能を大幅に向上させるアップデートのことです。
上記であげた日本のテックビューロ株式会社とNEM開発チームが現在も絶賛開発中です。

現時点でもビットコインを上回る性能を誇るNEM(ネム)ですが、
カタパルトが実装されて大幅パワーアップすると、全コインの中でもトップ級の超スペックに進化します。

分かりやすい「処理スピード」で比較してみると、

<1秒あたりに処理できる取引数>

ビットコイン:14件/秒

イーサリアム:15件/秒

リップル:1500件/秒

ネム(カタパルト実装):4000件/秒

カタパルト実装でずば抜けますね!!!

なのでとりあえずはカタパルト実装まではぐんぐん価格は伸びそうですね!!

カタパルト実装はいつ??

当初は2017年秋頃にカタパルト実装とされていたんですけどね。多少予定より遅れているようです。

ただ、8月の時点でテックビューロ社長の朝山氏がtwitterにて、「そろそろカタパルト公開への下地造りは終わりました」と発言しているので、最終調整段階に入っているのは確実です。

100%とは言えませんが、2018年の早い時期にはカタパルト実装が発表されるでしょう。
2017年夏予定が遅れており、「2018年に実装」とは公式に発表されています。

カタパルトが実装されれば、NEM(ネム)の価格が大きく上がることは確実だと思っています。つまり、NEMを仕入れるならカタパルト実装までが絶対条件!

まとめ

去年で0.4円から100円で考えても250倍
実際は一月に200円超えてますから
まだまだネムには期待しています!!

カタパルト実装でチャートにどこまで影響があるのかしっかり見ていきたいですね!

関連記事

  1. rippleの優れている点!!!

  2. Ethereum

  3. 暗号通貨とは

  4. BTCとは?

  5. Ethereum パート2

PAGE TOP