注目の記事 PICK UP!

rippleの優れている点!!!

実際はリップルは何ができるの?

前回はリップルが送金に使われるんだって話をしましたが

具体的にリップルはどう言う点で優れているのか

何ができる通貨なのかを詳しく説明していきます!

送金時間が鬼早い

現在海外送金を日本から行うとおおむね1週間前後かかりますが、

それをリップルに置き換えると数秒で送金手続きが完了出来ます。

年中無休

みなさんお金を送金する際は銀行やATMにいきますよね!

しかし窓口やATMには時間の限りがあり、24時間ではないので急な送金に対応してないので不便です。

急用が発生して送金をしなければいけない場面があるかもしれません。

そんな時にどうしよう。送金できない。….となっては困りますよね。

リップルでは、365日24時間送金可能です。これにより上記の緊急トラブルにあっても問題なく送金を完了させることが出来るのです。

これがリップルの特徴とメリットです!

Googleや日本大手銀行も出資

リップルが特に有名になったのは特に大手IT会社のグーグルが出資したというニュースが出た時です。

やはり大きな会社が投資するとなるとそれなりの価値がある通貨だと感じますよね。

それに加えて日本の大手SBI三菱東京UFJ銀行のリップルの出資についてとても大きなニュースとなっていました。

上記で説明した通り、実際の利用価値の多いリップルなので、
これからますます銀行などの金融機関からの出資や使用が増えていくと思います。

金融商品としての魅力

リップルが海外送金の時間が早く、手数料が抑えられる
といった特徴を持っているのが分かったと思います。

「実際に海外送金しない人は買う必要ないの?」 「投資商品として実際に儲かるの?」

「大手の金融機関だけで使用されるんじゃないの?」

という疑問が皆さんあるかと思います。

なので実際にリップルが私たちにとって本当に良い投資商品どうかを説明していきます。

銀行が出資しているリップルのシステムは、私たちの日常生活でなかなか使われることがない通貨なのでそこまでの接点ありませんが、

一方上記で説明したように金融機関で使用されていくとリップルコインの価値が上昇していくことが予想されています。

今後投資商品としてリップルコインは期待されています。

ですので長期的な成長の可能性のある仮想通貨に投資をしたい方にリップルコインはおすすめです。

現在ビットコインなどに比べてリップルコインは、比較的安価なので少額からの投資をしてみてはいかかがでしょうか?

最後に

通貨送金の運搬ツールであるリップルは、
これからグローバル化が進む世の中で成長が期待されている仮想通貨です。

これからリップルに様々な銀行からの出資がさらに増えてくると思います。
それによってリップルコインの価値もますます上がり、リップルはビットコインに追いつくと予想している専門家もいます。

リップルは王道を好まない投資家に向いていると言えますね。

投資は自己責任です
余剰資金で投資することをオススメします!!!

関連記事

  1. 暗号通貨とは

  2. BTCとは?

  3. NEMとは?

  4. Ethereum パート2

  5. Ethereum

PAGE TOP