注目の記事 PICK UP!

僕の好きなrippleについて!

こんにちは!
ふうがです!!

今回は僕の好きなrippleについてです!
rippleの今後の将来性についても知ってもらえればいいと思います!

 

リップル ripple とは?

 

簡単に言うと国際送金を簡単に行う通貨の仕組みです!

あのグーグルが出資した事でも有名ですね!
現在では仮想通貨ランキング3位話題の通貨になっています!

「結局はどんな通貨なのか?」

「リップルは何ができるのか?」

そこで今回は、現在の海外送金システムを大きく変えてしまう可能性のあるリップルとは何かについて説明していきます!!!

では、まずはリップルとはどんな基本的な仕組みを持つ仮想通貨なのかについてご紹介します!

 

管理者

 

ビットコインは管理者のいない仮想通貨であり、大きな注目を浴びていますが、そのビットコインとは違い、リップルでは管理者が存在します。

そもそもビットコインではマイニング(採掘)といわれる台帳の計算をして、通貨を獲得できるシステムがあります。

それに対してリップルではこの発行をすべて自社で行っています

 

送金の役割

 

ビットコインはマイニングと言うシステムでマイナーさんがビットコインを採掘して報酬を獲得しています
それに対してリップルではこの発行をすべて自社で行っています。
日本からアメリカに送金する場合を例に挙げると、
「円→リップルコイン→ドル」の交換で完結させることが可能です。

このように海外送金取引を素早く安く出来る革新的な仮想通貨なのです。

 

IOU取引

 

IOU取引とはI OWE YOUの略で

直訳すると【私はあなたに借りがある】という意味があります。

具体的には、IOUとは取引上ゲートウェイで発行する借用証書のことを指します。

この借用証書をブロックチェーンに付帯させることにより、送金時間や手数料の削減に繋がるのです。

その理由はリップル上でこの借用証書を使って取引をすることが可能だからです。
リップル上での取引はリップルユーザー同士で通貨の代わりに借用証書を使うことで成り立っています。

リップルとは上記で説明したように、もともと金融商品を送るためにできており、従来までの異なった通貨を送る時に掛かっていた費用や時間を抑えることが出来たのです。

この通貨全体は「ブリッジ通貨」とも呼ばれており、円やドル、ユーロなど現在私たちが普段使っている通貨や、
ビットコインなどのその他仮想通貨の交換にかかる手数料が非常に安価に抑えられます。

つまりリップルが注目されているのは、従来の海外送金には高い手数料が必要になるところを安く抑えることが可能になったからです。

このように海外送金をする機会が多い方、企業で外国との関わりがある方などにリップルはおすすめの仮想通貨と言えるでしょう。

長くなってしまっているので
rippleの利便性の方は次の記事にて書いていきます!!!

関連記事

  1. 常に礼儀を忘れない。

  2. 大富豪になるには!

  3. 仮想通貨について!

  4. 新企画!!! 本気で僕がコンサルをしてみる^ ^

  5. 旅行先マカオではまったバカラについて

  6. 作業がなかなか進まない方必見!

  7. 継続力について考えてみる。

  8. 行動する人が稼げる?

  9. 金融商品とは?

PAGE TOP