注目の記事 PICK UP!

仮想通貨のセキュリティーについて!

こんにちは!
ふうがです!!

仮想通貨のセキュリティーってどうなっていると思いますか?

実は最近銀行さんなどもその技術を認めはじめているほどの技術なんです!
仮想通貨を投資としてやっていこうと思っている方は
まずこの仕組みは知っておいたほうがいいですね!!!


ブロックチェーン


ブロックチェーンとは?

これは簡単に言うと

「データを改ざんしにくくする記録技術」

ほかにも壊れても自動修復されたり、みんなの合意が必要といった特徴もありますが、まずはこんな風に覚えておきましょう。
ビットコインを有名にしたのもこの技術のおかげといっても過言ではないです!

たとえば、AさんからBさんに銀行を通してお金を送るとします。その途中でもしも悪意のある人が銀行のデータを改ざんしてAさんは送ったのに「Bさんは受け取っていないからもう一度送れ」と書き換えてしまえば、Aさんは損をしてしまうことになります。

こういう不正ができないようにするために、当事者だけでなく、Cさん、Dさん、その他多くの人たちが同じ取引情報を持てばいい、という発想がブロックチェーンなのです。

そしてブロックチェーンと関係が深い技術があります


P2P


左が中央集権      右が非中央集権

ビットコイン取引は、中央集権的な管理媒体を通さずに直接ユーザー同士がやり取りします。
ビットコインはP2Pの仕組みで取引していると言えます。

ビットコインはP2Pの仕組みでやり取りすることで、
送金手数料を少なくし、行動リクエストの速度を短縮しました。

P2Pの仕組みを採用することで、
取引データを不正なく正しく保存することが難しくなりましたが、
その部分をカバーする為にブロックチェーンの仕組みが採用されています。

世界中のユーザー同士でデータを共有し監視するブロックチェーンにより、
P2Pでダイレクトな相互取引情報も、整合性をもって管理できる仕組みとなっています。


マイニング


これはセキュリティーセキュリティーではないのですが
ブロックチェーンと同じくらい聞く話だと思います!

そもそもマイニングとは何なのでしょうか?

マイニングを日本語訳すると「採掘」になります。

採掘と聞くと、地中に埋まっている鉱石や石油などを掘り出すことを連想すると思います。

鉱石であれば、まだ世の中に出回っておらず 地中奥深くに眠っている鉱石を採掘することにより、初めて世の中に宝石などとして使用されるようになります。

ビットコインも同じで、まだ発行されていないビットコインをマイニング(採掘)することにより、初めて世の中に暗号通貨として使用されるようになるのです。

勿論、ビットコインは電子通貨ですので、鉱物のように地中に埋まっているわけではありません。

ビットコインのマイニングは、インターネットに接続されているパソコン(スーパーコンピューター)で行われます。

実際に何が行われているかと言うと
みなさんがビットコインの取引をしたのをマイナーによって承認されブロックチェーンの最後尾に連結される仕組みです。
この時、承認してブロックチェーンの最後尾に連結したマイナーは、承認作業の功績として、決められた量の未発行だったビットコインを報酬として手に入れることができます。

このマイナーが取引を承認して、ブロックチェーンへ連結し報酬を得る行為をまとめてマイニングと呼んでいます。

10分間のマイニング報酬が12.5BTC

ですがマイナーの全ての方がもらえるわけではないんです!!
なんと一位のマイナーだけが報酬をもらえます!

マイニングに関してはまだまだ説明はありますがこのぐらい覚えておけばgoodだと思います!


まとめ


仮想通貨にはたくさんの技術が使われています!
ビットコインの技術に関してはお話ししてきましたが
アルトコイン「ビットコイン以外の通貨」に関してもお話ししていこうと思います!

仮想通貨の情報をもっと欲しい方はこちら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
友だち追加

関連記事

  1. アフィリエイト最後のまとめ

  2. ネットビジネスへの風評。

  3. 久々のバイナリーオプションについて!

  4. 新企画!!! 本気で僕がコンサルをしてみる^ ^

  5. あなたの収入ぶち上げます。企画勃発!!!!!

  6. お金持ちと貧乏人の違い。

  7. なぜ安定を捨ててまでネットビジネスの世界に飛び込んだのか!

  8. 最近読んだお金持ち父さん貧乏父さんの考えかた!

  9. アフィリエイト第二弾!!!

PAGE TOP